2018年6月3日日曜日

個展 "ALIEN VISION" 100,000,000,000,000,000,000 "垓"




------------------------------------------------------

石山浩達個展
"ALIEN VISION" 100,000,000,000,000,000,000 "垓"

公開:2018年6月25日(月) 0:00- 
↓PCの閲覧を推奨

------------------------------------------------------


四半世紀、美術の世界一筋で生きてきた。
「自分の死後、百年、千年残る作品を生み出すこと」、その1点にこだわり作品を作り続けてきた。
作品の世界観は拡張を続け、やがて”Alien Vision”というコンセプトを軸に、
絵画、立体、インスタレーション、漫画といった様々なメディアを横断した展開となってきた。
美術館やギャラリー、コンペを中心に作品を発表し、美術の専門領域で生きる人たちと関わり、作家として仕事をする中で、
無視できないある思いを自覚するようになった。
宇宙からエイリアンの視点で地球と人間を見る”Alien Vision”を表現するためには、
限定された美術業界だけで生きていては何かが足りない。
美術の外で生きる圧倒的多数の人間や社会と深く関わり、さらなるリアリティを持って
”Alien Vision”を表現せずにはいられない、という欲求と危機感に駆られるようになった。

 
2年前、私は自分の生きる環境を変えた。
  デジタルクリエイティブの世界でディレクター、デザイナーとして仕事をするようになった。
美術どっぷりの世界から距離を置き、別世界で生きる様々な人々と関わる日々を送った。
     生涯のほとんどを美術と接点を持つことなく人生を歩む人々が、何を感じ、どう生きているのか?
そこにどのような社会が生まれ、何が起きているのか?
全てが新鮮で、リアルだった。

 
――――――――― やがて1年が経ち、私はある作品を描き始めた。
 
制作スタンスはこれまでとは一変した。
     「作品を歴史に残す」、「売る」、「同時代性」といった従来の価値観を取っ払い、
純粋に自分の作りたいものを作ることにのみ徹して描くようになった。
既存の表現メディアや閉塞した発表システムの外側で、
どうしようもなく湧き出てくる衝動を真っ直ぐに受け入れ、忠実にとらえ、
どこまでも表現欲求と純粋に向き合い、ひたすら制作に没頭した。
そして、さらに1年が経ち、作品は一旦形になった。

 
作品タイトルは、
「Alien Vision 100,000,000,000,000,000,000 "垓"」
「漫画のような手法で制作した何か」である。
作画は、
漫画の伝統的な手法に加えて、油絵具による精緻な描写や、立体作品の実写、デジタルエフェクトなど、
異なる要素を融合した特異な技法で行われている。
混沌とした技法は、幼少期から愛好する「特撮」や「テレビマガジン」的画作りの影響も受けている。
   表現欲求そのままに生み出した本作は、SF・特撮・芸術が、     多様な技術で混ざり合った荒唐無稽な物語となり、
ストーリーは複雑さを極め、あまりに「未完成」な作品となった。
鑑賞者がいた場合、どのようにとらえるのか、全く未知数である。

 
2つの選択肢があった。

①このまま荒々しく複雑な作品を、純度100%の状態で世に出すのか?
②他者の視点を考慮したわかりやすい内容に大幅に修正して世に出すのか?

 
熟慮の末、私は①を選ぶことにした。
それこそが第1作目の物語である本作にとって、作品の本質を失わずに発信する唯一の方法であると考えたからだ。

 
――――――――
 
"Alien Vision"の世界には200体を超えるキャラクターが存在する。
銀河にルーツを持つエイリアンや超世壊怪獣、雪男、
人造巨人型サイボーグしょっくまん、未来から現れる芸術家タツ・・・
100年後の地球を舞台に、彼らが総登場する物語が
「Alien Vision 100,000,000,000,000,000,000 "垓"」である。
「漫画やアニメの登場キャラクターを玩具化」という従来の流れに対して、
「絵画や立体のユニークピースとして創作されたキャラクターが物語に登場」という
「芸術ありき」の逆転構造が不思議な物語を紡ぎ出す。
 
本展は、序章~第5章までのおよそ360ページをWeb上で無料公開する展覧会。
地球誕生を見つめるエイリアンから始まり、怪獣の登場、サグラダ・ファミリアを巡る攻防、
芸術を利用したテロの発生へと展開する。

 
――――――――
 
本作の核心を担う建築家、ガウディが生まれた6月25日・・・
「漫画のような手法で描かれた第1作目の物語」が、世に放たれる ―――――――――――――――――



 
 
 
 

2018年1月14日日曜日

三十路祭り


©ISHIYAMA Hiromichi "あいまいなほし 1" H24.2✕W33.3cm



三十路祭り

会期:2018年2月11日(日)

時間:13:00〜18:00 
会場:渋谷ヒカリエ HIKARIE HALL、東京
参加費:6,000円~
http://www.misoji-matsuri.com/
------------------------------------------------------


渋谷のヒカリエで開催されるイベントで、未公開の絵画 「あいまいなほし 1
」を展示します。
エイリアン目線と独自の手法で描いた超細密表現の1点です。



作家を志してから、そろそろ四半世紀が経ちます。
しがらみや制約に囚われず、純粋に作りたいものに打ち込める環境をずっと模索してきました。

ようやくある程度の環境が整い、
昨年から、長期的な作品の構想のもと、ある作品を制作しています。
全ての作品群が一つの物語としてつながり、形になりつつあります。

1日20時間以上制作している日も多く、制作の量はこれまで以上に増えていますが、
現在までの物語世界を一度、何らかの形で発信することになると思います。




2017年4月13日木曜日

五月の風


©ISHIYAMA Hiromichi あいまいなほし 2017 板、白亜地、油彩 72.7×72.7cm



五月の風

会期:2017年4月26日(水)〜5月7日(日)
会期中無休
時間:10:00〜19:00
※土、日、祝日は11:00〜18:00 
会場:日動画廊本店、東京
http://www.nichido-garo.co.jp/

------------------------------------------------------


絵画3点を展示します。


繊細な描画や、独特な質感は写真では伝わりません。

超細密な抽象表現をベースに、極小の具象表現をミックスした絵画「あいまいなほし」をぜひご覧下さい。




2017年4月1日土曜日

Living Life



Light with Cancer 1 2017 板、白亜地、油彩 53×53cm ©ISHIYAMA Hiromichi




Living Life

会期:2017年4月1日(土)〜4月15日(土)
時間:11:00〜19:00  

会場:Gallery ZEINXENO、韓国
http://blog.naver.com/mangchiro/220970305810



------------------------------------------------------


ソウルのギャラリーで新作のペインティング2点を展示します。

新作のタイトルは「Light with Cancer」

Lightのシリーズであり、これまでとは異質で挑戦的な内容の作品になっています。





Light with Cancer 2 2017 板、白亜地、油彩 53×53cm ©ISHIYAMA Hiromichi






2017年1月9日月曜日

Alien Vision:Manga 更新


Alien Vision:Manga 26P



漫画の13P、26P〜28Pを公開しました。
物語を展開させる上で、13Pを新たに制作したページに変更しています。

今回、美術指揮者や雪わらべ、"しょっくまん"に変身するサラリーマンなど重要なキャラクターが登場します。物語はまだ序章ですが、近未来の地球を舞台に徐々に加速していく予定です。

Websiteで1P〜28Pまで公開中。
「Alien Vision:Manga」http://www.art-ishiyama.com/pg343.html



Alien Vision:Manga 13P


Alien Vision:Manga 28P




物語が複雑化してきたので、「Alien Vision:Manga」の現時点での年表を作りました。

7垓3418京1061兆8729億4613万年前、ゆーほーん0号誕生。
6垓4807京9622兆3150億7281万年前、大人つのぴー誕生。
6垓2192京8874兆5617億9006万年前、つのぴー0号誕生。
•4垓年前、つのぴー0号死亡。ゆーほーん0号が探し始める。
1垓9744京3508兆1860億9572万年前、ゆーほーん1号誕生。
1垓9488京7241兆41億6350万年前、ゆーほーん3号誕生。
1垓7842京9981兆7648億635万年前、つのぴー1号誕生
138億年前、宇宙誕生
46億年前、ゆーほーん1号たちが地球誕生を目撃、地球の観察を始める。
40億年前、生命誕生
5億4200万年前〜5億3000年前、カンブリア爆発。アノマロカリスの繁栄。
400万年前、人類誕生、子どもの眼が光る。
200万年前、旧石器時代、人類が殺し合う。
22,000年前、ヴィレンドルフのヴィーナスの創造。
1600年、関ヶ原の戦い
1883年、アントニ・ガウディがサグラダ・ファミリアの建築に着手。
1945年、第二次世界大戦において核爆弾が投下される。
2013年、ゆーほーん1号たちが地球に姿を現す。
2101年、ゆーほーん3号に岡本太郎が乗車、ヘルクレス座・かんむり座グレートウォールに旅立つ。つのぴー0号が銀河の川と一体化する。超世壊怪獣がロシアで誕生、ゆーほーん1号・3号とつのぴー137号、アースガールたちが目撃する。超世壊怪獣の熱線で地球が揺らぐ。マルティン・ルターがつぶやく。スペイン・旧バルセロナに移動した超世壊怪獣が宇宙戦艦プリンシペ・デ・ウニベルソ4隻を熱線で破壊するスペインの怪獣戦争が勃発・・・ゆーほーん1号たちが観察する中、超世壊怪獣が宇宙に飛び立つ。超世壊怪獣と共に、ゆーほーん3号がゆーほーん4号やつのたろう10号、ゆーほーん2号、ゆーほーん0号、つのぴー137号、タツ、ガウディ、アースガール、岡本太郎たちを乗せて宇宙の旅をする。
2102年、宇宙の旅で、ゆーほーん3号が超世壊怪獣の体内世界を出る。タツが23世紀の地球に飛び立つ。
2104年、宇宙の旅で、ゆーほーん3号が宇宙温泉に立ち寄る。
2105年、地球に帰還した超世壊怪獣をゆーほーん1号やマルティン・ルターが目撃する。
2106年、ロッキー山脈で雪男がモハメド・アリのビジョンを見る。
2112年、超世壊怪獣がフランスに出現し、ゾレイユを音楽堂もろとも踏み潰す。その後、スペインへ移動する。つのぴー114号がリチャードに出会う。所長が怪物の開発を始める。
2113年、しょっくまん1号(塩川八郎)が巨大植物と戦う。三億円事件が発生。松野がアースボーイとすれ違う。

23世紀、ゆーほーん3号との宇宙の旅を終えたタツが地球に帰還する。




2016年10月8日土曜日

宇宙人の眼



深夜の鶴舞公園





「宇宙人の眼には、今の自分の状況がどう見えるのだろう・・・・・・?」




デジタル・デザインの会社で仕事を初めて4ヶ月が経ちました。


8月と9月、会社で制作したデジタルとボルダリングを融合したコンテンツを実施するため、土日に東京出張がありました。

平日の過酷な仕事を終えて、それから真夜中にチームのメンバーで機材を積み込み、東京に向けて深夜の高速を社用車で疾走していると、様々な思いが頭の中を巡りました。
「自分の個展と同じように強い気持ちで作ったこのコンテンツをついに披露することができる。」、「どんな反響があるのか?」、「これから先、自分はどこに向かおうとしているのか?」
・・・そんな思いが湧き上がり、未知なるモノへの興味や期待感は、すでに消耗しきっているはずの全身の疲れや睡魔を吹き飛ばし、不思議な感覚で運転していたことを覚えています。
夜明けには東京に着き、宿泊せずに仕事をして再び深夜には東京を発ち、休みなくまた1週間が始まる、という厳しい現実さえ一時忘れていました・・・・・・




-----------------




6歳で画家になると宣言して以来、現在に至るまでひたすらアートを続けています。プロのアーティストとして活動するようになってからは6年半が経ちます。

アートを通してこれまでたくさんの方たちと出会い、多くの素敵なご縁ができました。
アーティスト、コレクター、哲学者、キュレーター、企業人、デザイナー、評論家、ギャラリスト・・・挙げ出したらきりがないほど様々な職種、価値観、信念を持った人たち。

そうした多くの方たちから、最近よく聞かれることがあります。
「なぜデジタルの世界に足を踏み入れたの?」、「新しい仕事の環境はどう?」
多くはこの二つに絞られます。
そこで、近況報告もかねてこの約4ヶ月の間に経験し、学び、感じたことを簡単に書くことにしました。




私がデジタルの世界に入った理由は、アートとデジタルを融合し新たな表現を生み出すためです。

そして、環境が変わり強く実感したことは「アートとデザインは多くの点で対極にある。」ということ。

アートは孤独です。
アートの世界では多くの場合、「作家の死後、100年後、200年後・・・1000年先の未来まで、歴史に残る作品を創造できるか」というところに価値が置かれます
私もその一点にこだわり、創作を続けています。後世に残った作品は、必ず美術史の中に位置付けられます。とてつもなく長い時間軸を見据えた孤独な創造に、アートの哲学があります。

アーティストは常に、世界や社会、組織の常識・固定観念に疑いや問いを持ち、創作を続ける生き物です。
「世の中の当たり前」に対して、作家独自の視点で切り込み・作品化させ・提示することに全身全霊を傾けて挑み続けています。

一方デザインには、今、目の前に存在する多くの人たちに対して、素早く確実にわかりやすく伝える事ができ、何らかの実利を生み出す、というポテンシャルがあります。情報整理を肝とするデザインならではの強みです。

時間に対する価値観、伝わる速度、内容の複雑さ、思考の深度やプロセス・・・どれもが対照的に思えます。




デジタル、デザインの領域にとって完全に「異物」である自分を採用することは、会社にとって相当思い切った決断であったのだろうと想像されます。
「デザインにアートをとり入れる」という役割を託されて、私の挑戦の日々が始まりました。



当初、デザインのことを知らない自分がどこまで言っていいのかという迷いもありましたが、アートの視点をチームに伝えることを根気強く続けていました。しかし、アートを知らない人たちにアートの視点や価値を理解してもらうことの難しさは計り知れないものがありました。

そこで、この数ヶ月、私は会社の中ではとにかくデザインの方向に振り切った形で仕事をすることに徹してきました。まずは私が一時的にアートを封印し、徹底してデザインとチームに歩み寄る、というスタンスが今は必要だ、と考えたからです。
25年かけて積み上げた自分の武器を完全に封じ、丸腰で未知の分野に挑み続けることは、無謀であり、想像を絶する辛さがありますが、同時に、予測不能な窮地を乗り越えていく面白さもあります。



次々与えられる仕事に終電まで打ち込んだり、さらに持ち帰った仕事を徹夜で仕上げたり、そんなことを繰り返す日々は超ハードです。ちなみに、実質の残業時間はとてもじゃないですが人には言えません。

かなりタフな私でも、過労で体を壊すこともありました。それでも、「新しい表現への欲求や興味」がそれらを上回ることで、この数ヶ月、思い切りデザインに没頭することができているのだと思います。

アートの世界だけにいたら知り得なかったであろう数々のデザイン、技術、情報をひたすら浴び、吸収する日々は、スリリングで新鮮です。まだまだ興味は尽きません。




それからもう一つ、私にとって未知だったことは、「組織の中に自分の身を置く」ということです。そして、チームでの制作です。
もちろん、組織やチームの中で自分の信じること・求めるものを100%表現しきることは到底不可能です。当然、様々な制約が生まれます。しがらみも存在します。調整の連続です。
「一人の創造」とは異なる「複数人の化学反応による制作」、そこに難しさと可能性があるのだと思います。
その可能性を信じて、私は今の会社に入りました・・・


私はこれまでずっと一人で創造を行ってきました。アートの創造は孤独であり、豊かです。全てを一人で背負うからこそ自由を獲得し表現することができます。そこにはしがらみも妥協も存在しません。切なさと静寂と苦しみと共に生み出された作品には、自分の血肉を分けた分身のような愛おしさが宿ります。そうして、私のよく言う「売りたくない作品」が生まれるのです。

そんな私が、チームでの表現にこれまでとは別の可能性を見出したのは、25年、孤独と共に創造し続けてきたからこそのものです。


今、私は個人のアーティスト業と、組織・チームでのデザイン業を並行して行っています。
今のところ、その二つは平行線です。様々な理由がありますが、アートとデザインが交わる兆しは皆無と言えます。
果たして本当に、二つが交わることはあるのか?


アートを軸に生きていくことは、これからも絶対に変わりません。

私の軸はあくまでもアートにある。
孤独な創造こそ、私にとって最も意味のある行為です。生涯をかけて追求していくことに迷う余地などあり得ません。
そこにどのようにデジタルを加えることが最善なのか?あるいはそもそも必要なのか?


これから先、自分はどこに向かうのか?

日々、問い続けています。



-----------------



私は今、新たな環境で、様々な意味において貴重な経験をすることができ、それらが自分の中に蓄積されていくのを感じています。

ここで感じたこと、得たこと、全てが強い実感の伴った創作の糧となり、いずれ"Alien Vision"として「宇宙人の視点」で作品化し、社会に提示していきたいと考えています。



宇宙人の眼には果たしてどのように映るのか・・・・・・?






Alien Vision 書き下ろし漫画シリーズ 4P ©ISHIYAMA Hiromichi