2011年5月30日月曜日

台風と絵


先週から、7つ分の絵の下準備を並行して進めています。

パネル制作、膠引き、白亜地の地塗り、研磨の行程をそれぞれ時間差をつくって進める、という混み入った作業が続いています。塗料の配合や温度調節、作業工程の時間差のことなど、頭の中で複雑な計算を繰り返しながら、丁寧に作業を進めていきます。

永遠に朽ちないタブローはなくとも、乱雑に絵を描く行為は、作品の「物質としての強度」を自ら進んで落とす行為であり、納得がいきません。

白亜地は中世の絵画(テンペラ)の頃から用いられていた古典的な地塗りです。白亜地や石膏地といった吸収性の地に適切な手順で描かれた絵画は、市販のキャンバスに描いた場合に比べて遥かに高い保存性を持ちます。それは現在も美しい画面を保った15世紀の絵画が証明しています。このような絵を描く前の下準備は、絵画組成を堅牢なものにするためには絶対に手を抜けないところです。

今日は久々に雨があがったので、外で大作2点の地塗り面の研磨作業を数時間かけて一気にしました。研磨中は台風の風に煽られて、削られた白い粉は一瞬にして吹き飛ばされていきました。

2011年5月24日火曜日

Heart of Sea




この度、海をテーマに描いた絵画「Heart of Sea」(2008年、キャンバスに油彩、F100号)を志摩市役所に長期間展示させていただくことになりました。この作品は一定期間 市役所1階の展示スペースに展示された後、5階の市長公室に移動して展示されることになっています。
同じく長期間の展示となる大王美術ギャラリーの「衆愚/Ochlocracy」(2006年、キャンバスに油彩、F300号)と共に、5/14から展示が始まりました。

作品発表は今後も東京や海外が中心になる予定なので、志摩で発表できる機会はなかなかありません。そのため、今回の展示は、自分の絵を志摩の方々にも見ていただける貴重な場でありとても嬉しく思っています。

今回の企画に際して志摩市の大口市長にお会いすることになり、いろいろなお話をさせていただきました。志摩の芸術・文化に対する熱い想いを伺うことができ、作家として志摩で制作することの喜びをあらためて感じました。美しい海に囲まれたこの土地は、作品を生み出すためにはとてもいい環境です。
美術ギャラリーと市役所という貴重な展示場所を提供していただいた志摩市をはじめ、今回の企画の実現に向けて動いてくださったすべての方々に深く感謝しています。



2011年5月22日日曜日

日帰りで





前日に急に思い立ち、アートフェア京都へ行ってきました。京都へは電車で片道3時間程ですが、行ってみてよかったです。日帰りで夜8時頃に帰宅。

2011年5月15日日曜日

Ochlocracy 移動





「衆愚 / Ochlocracy」(F300号)を4年間展示させていただいた総合文化センター(津市)から新しい展示場所へ移動させるため、撤去作業を行ってきました。

幅が約3mある大作で重量もそれなりにあるので脚立2本を使って慎重に取り外しました。



                  「衆愚 / Ochlocracy」2006年



「衆愚 / Ochlocracy」は大学へ入学後 1ヶ月が経った頃、18歳の時に描いた作品です。300号の大きさがあり教室のアトリエで描くことも不可能だったため、大学の広い廊下のスペースを3ヶ月間借りて制作しました。 僕の絵の中では珍しくメッセージ性の強い作品で、平和への願いを込めて 荒々しいタッチで一気に描きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



新しい展示場所は先月 志摩市に新たにオープンしたギャラリー、志摩市 絵かきの町・大王 美術ギャラリーです。総合文化センターでの展示後、次の展示場所を探していたところ、志摩市の方で展示させていただくことになりました。







津からトラックで絵を運び、ギャラリーへ搬入・展示しました。






ギャラリーは2Fが企画展、3Fが常設展 平賀亀祐記念館になっていて、「衆愚 / Ochlocracy」は2Fから入って最初にある展示スペースに長期間展示されます。5月14日より展示開始です。






絵かきの町・大王 美術ギャラリー施設案内

・開館時間 9:00〜17:00(最終入館 16:30)
・休館日  火曜日・水曜日(祝日を除く)、
      年末年始(12月28日〜1月4日)
・観覧料  一般200円、高校生・大学生100円、
      中学生以下無料



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



志摩地中海村を訪れました。








豊かな海に囲まれた志摩地中海村は30,000㎡の広い敷地内にレストランや宿泊施設、工房、カフェなどが並ぶリゾート施設です。







地中海レストランで昼食。







美しい海の景色とともに新鮮な素材を活かした地中海料理を楽しめます。









レストランの外にあるウッドデッキ。





クラフト工房。